FC2ブログ

【展望】紫苑S セントウルS 京成杯AH

お疲れ様です。
カッツンです。
いよいよ秋競馬開始ですね!
そして秋のG1も見えてくるので毎週毎週楽しみです!
それでは展望をどうぞ!

◆紫苑Sコメント
重賞3年目でDATA少ない
G3だがOPEN時代と出走レベルは変わりない。
ローテも決定的なものはない。前走、条件戦でも着順低くても関係なし
去年は頭数は多いものの、前走G1出走と言ってもレベルが低く、条件戦からの格上げ出走の馬に1人気、1着を取られる。ディアドラだから典型的な上がり馬だが・・・。
まだ過去例少ないが、前走G1出走馬は人気か着順が5位以内の馬、上がり馬の場合は着順1,2着で休み明け以外が狙いか。
血統良い。ノームコア。ロサグラウカ。

マウレアが1番の実績馬だが、春での上位3頭のアーモンドアイ、ラッキーライラック、リリーノーブルには完敗。
全体的なレベルの落ちる紫苑Sは絶対勝っておきたいところ。
1番人気だろうが武豊とっても4000戦勝付近だと思うので、もしこのレースで4000戦勝かかってるなら盛り上がるだろう。
JRA的にも盛り上がりはほしい。何らかの忖度あるか??
だが馬的にはルメールのノームコア。
秋華賞ではルメールはアーモンドアイに乗るのでノームコアはこのレース限り。
陣営は気合い入ってるだろう。
追い切り画像、タイムがないも残念。
後は展望動画でどーぞ!



セントウルSコメント
前走重賞組みの好走多数。北九州記念⇒アイビスSD→高松宮の順で出走数、勝率、連対率、3着以内率高い。
前走重賞組みは少なくレベル的には低い。では条件戦から優勝馬がでる番狂わせか?だが、条件戦好走はオープン6人気3着のコウエイタケルくらい・・・。短距離路線の層が薄い。ファインニードル、ラヴカンプー、ネロ辺りが出走できてるのでG2を何とか保ててる。
脚質的には先行、逃げ。差しは好走できても届かないパターン。
世代は3着以内やバランスで見ると4歳→5歳→3歳。出走頭数では5歳ダントツなので4歳中心にしたいが、今回はレジーナフォルテのみ。5歳はファインニードル、ダイアナヘイローのみ。3歳はラブカンプー、アンヴァルのみ。その他は年寄りで6歳が6頭と偏りアリ。
斤量はいつもの通り58kgがダントツ。出走頭数少ないがアベレージ高いので逆らえないか?
次が55kg,54kg,56kg。56kgは出走数傾向多いので今年も多いのは通例のことか。
このようなパターンはたとえ休み明けであっても実力馬があっさり勝つ可能性が高いか?つまり堅くおさまるか?つまり素質だけで勝ってしまうので追切もよっぽど悪くなければ関係なく来てしまう?
後は展望動画をどうぞ!



京成杯AHコメント
差しの台頭が目立つ。しかしペースによっては先行も粘る可能性も捨てきれないので軸は難解。
前走重賞組が目立つが着順は関係なし。穴を開けるのは差し、追い込み脚でいつも差し切れない且つ不器用な馬(脚質からして不利に会いやすいし)。なので着順は関係なくなりやすい?
前走重賞組の好走目立つので夏の上がり馬の好走はなかった。今年はどうか?
ハンデは細かく見ていくと58kgは力通りで1着、2着、3着以内率のすべてが抜群。
次に3つのアベレージが高いのは順番に僅差だが53kg→55kg→54kg→57kg→56kg(3着が多い)
。58kgがぶっちっぎて優秀なのは何処のハンデ戦でもだが優秀っぷりがダントツなのだろう。
斤量を過去傾向で比べているが、55,54kgの出走数が多いのも特筆。今回の出走馬の斤量のバランスも考慮した方が良いだろう。ちなみに今年は全体的にバラけていてる。去年は今年より斤量重めの馬が多くレベルは今年より高った。実際、斤量重めの馬で決まったが、だからと言って堅めに決まるとは限らず2着ガリバルディは57kgだが11番人気だった。斤量からレースレベルや出走馬のレベルを照らし合わせることがこのレースを当てるキーか?
難解なレースです。
後は展望動画をどうぞ!


わからなかったら「カッツン。」で検索してね!


わからなかったら「カッツン。」で検索してね!
 
中央競馬ランキング



スポンサーリンク

コメント


管理者のみに表示