スポンサーリンク

9/22予想実績(21日分はブログ内から)と神戸新聞杯とオールカマー回顧 | 【競馬】K.T.の競馬は収益プラスでナンボのモノ
FC2ブログ

9/22予想実績(21日分はブログ内から)と神戸新聞杯とオールカマー回顧

こんにちわ!
K.T.です。

それでは23日予想実績と重賞回顧です。
※21日実績は下記
21日実績はこちらから→21日Twitter予想実績1

9/22Twitter予想実績
阪神
阪神9R

◎軸11ヴィッテルスバッハ 4着
○対抗6キュエールサクラ11着
▲7ミエノウインウイン6着
外れ

阪神10R
◎軸4ジェシー1着

穴9ハナズレジェンド2着
軸、穴馬的中 単勝250円 馬連1070円

阪神11R神戸新聞杯
◎軸3サートゥルナーリア1着
8ワールドプレミアム3着、5ヴェロックス2着

△4.2.6
単勝140円 3連単700円

阪神12R
◎軸1ソリストサンダー5着
○対抗16アヴァンティスト1着
対抗〇単勝300円

中山
中山9R

◎軸9カフジキング 13着
◎軸14プレシャスリーフ 7着
▲4アシャカトブ 1着
穴3レトロフィット 3着
穴的中!複勝400円 ワイド1400円

中山10R
◎軸8ミッキーポジション 7着
穴13サクラエンパイア 6着
外れ

中山11Rオールカマー
◎軸8レイデオロ 4着
◎軸に近い1ミッキースワロー 2着
穴9スティッフェリオ 
1着

追加穴クレッシェンドラブ
穴的中!単勝1,120円 ワイド730円 馬連2,240円

中山12R
◎軸10スズカゴーディー9着
○対抗16ミスパイロ2着
対抗〇複勝230円

以上




22日◎複勝率37.5% 〇対抗まで入れると62.5%
穴馬4レース公開で内3レース的中!


重賞回顧
阪神11R 神戸新聞杯
1着サートゥルナーリア
2着ヴェロックス
3着ワールドプレミア

サートゥルナーリアはやはり強かった。
ヴェロックスと差がついた感じだが、ヴェロックスは菊花賞を見据えての出来だと思うので勝負付けは済んでないだろう。
ルメールとNF(というか総帥?)の春の轍は踏まない!という気が表れた結果に映る。
さて菊花賞に行かないという事なので、ここはJCに行ってほしい。
レイデオロも去年ほどの強さは?なのでレイデオロがJC進んでもルメールはサートゥルナーリアで大丈夫だろう。
ワールドプレミアは3着は決して悪いわけでは無い。
あのペースでは後ろからは絶対届かない。
だが小頭数というのもあるので、本当の強さは菊花賞?か。
このレースはこれ以上言う事は無い。

中山11R オールカマー
1着スティッフェリオ
2着ミッキースワロー
3着グレイル
4着レイデオロ
勝ったのはスティッフェリオ。
丸山元気騎手は上手く乗った。
元々、展望動画時点で推していた馬で馬体重プラマイ0kgを見て自信の穴馬に推した。
軸は同じく馬体重プラマイ0kgのレイデオロにしてしまったが、スティッフェリオが良馬場でまさか勝つとは思わなかった。
馬場も味方した。
次は天皇賞行くんですかね?
なかなか馬券内までは厳しいと思うが頑張ってほしい。
2着はミッキースワロー
この馬も展望時は軸候補まで推していた馬だが、騎手で評価下げた。
実際、そんなに上手く乗ってなかった思う。
4枠で内から割ってきたグレイルが3着なのに、1枠で外からぶん回して2着に来たのは馬のコース適正か。
騎手がもっと良い騎手なら勝つとまでは言わないが、もっと善戦できたんじゃない?
レイデオロで負けた福永を責めるなら菊沢の騎乗の方が褒められない。
3着グレイル
前述したように内から割って3着。
戸崎はさすが上手く乗ったというべきか?
このメンツと頭数で3着というのは可もなく不可もなく。
4着レイデオロ
これほどの馬がルメールから福永へ変わった事でレース前からけっこう言われていて、レースで4着で負けたことで更に言われていた。
けど、福永はそんなに悪い乗り方でないと思ったけどね。特に福永の肩を持つわけではないが。
確かに序盤、後ろ過ぎの感じがしたが道中馬なりで追い上げてきてるわけだし、ペースはしっかり読んでいると思う。
菊沢スワローのように大外からぶん回してるわけでないし。
どちらかと言えばレイデオロが直線で爆発力がなく、去年ほどの力はないと見た。
だけどルメールやデットーリ(暮れになんと短期免許で来日!)みたいな超一流騎手が乗ってアッサリ蘇らないとは言い切らないけどね。
最後にウィンブライト
9着だが10着最下位トニーファイブという事を考えると、実質最下位。
陣営はこのレースはヒトタタキだからと言うだろうが、それでも負けすぎ。
そもそも、そこまで筆者は強いと思ってないが、展望時でも中山2200m芝は陣営が全く実績無いので軸には到底推せないと言っていた馬。
ぶっちゃけて言えば対抗でも無理で、何ならぶった切り馬で公開しようと思ったほどである。
それでも実質最下位になるとは思っていなかった。
負けすぎ。
最大目標の香港カップに間に合うか。


これから古馬王道G1の前哨も京都大賞典、毎日王冠で本格化するわけですが、今年も異常に層が厚い古馬王道路線、面白くなってきましたね!

そして、今週はついにG1スプリンターSですね!
グランアレグリアやステルヴィオも出走回避で残念ですが、やっと中心馬が出てきそうな路線だけに楽しみですね!

それでは!

◆Live直前予想 神戸新聞杯 オールカマー







スポンサーリンク

コメント


管理者のみに表示

トラックバック