google.com, pub-1327752873192063, DIRECT, f08c47fec0942fa0 ホープフルステークス枠順から考察 | 【自信の軸馬!】カッツン。の軸馬が全て!
FC2ブログ

ホープフルステークス枠順から考察

お疲れ様です。
カッツン。です。

先日、展望動画を展望ブログと一緒にお送りいたしましたが
動画では2018年最後の動画と言いましたが、ホープフルステークス軸馬公開動画を忘れてました!
正しくはホープフルステークス当日の朝にアップする軸馬公開動画で年内最後となります。
申しございませんでした。。
ただし
気が変わったら年末までに何かアップするかもしれません。
なにぶん気まぐれなもので。
よろしくお願いします。

さて、今回はホープフルステークスの枠順も発表されましたので
枠順からの考察をしてみたいと思います。

ホープフルステークス枠順
1-1 ニシノデイジー 勝浦 非NF
2-2 ブレイキングドーン 福永 非NF
3-3 キングリスティア 内田 非NF
4-4 ヒルノダカール 松田 非NF
4-5 サートゥルナーリア M.デムーロ NF
5-6 ハクサンタイヨウ 松田 非NF
5-7 ミッキーブラック O.マーフィー NF
6-8 アドマイヤジャスタ C.ルメール NF
6-9 ジャストアジゴロ 田辺 社台
7-10 マードレヴォイス 三浦 社台
7-11 ヴァンドギャルド C.デムーロ 社台
8-12 タニノドラマ 池添 非NF
8-13 コスモカレンドゥラ 戸崎 非社台

1番気が想定されるサートゥルナーリアは4枠5番。
2番人気、3番人気のニシノデイジーは1枠1番の最内、アドマイヤジャスタは6枠8番となりました。


◆NFの思惑
展望動画やブログでも言いましたが、今年はNF、社台ともに出走数が多いです。
しかも珍しく、ルメール、Mデムーロを2人も確保して
しかも、その2頭の馬に外厩NFしがらき仕上げという力の入れようです(動画ではしがらきではなく天栄と言ってますが、しがらきの間違いでした。。)。まさに勝負掛かりか?
枠順追記【競馬予想】ホープフルステークス 2018展望と軸馬候補

皐月賞と同じ中山2000mという舞台ですので、クラシックにリンクすると踏んだのでしょう。
朝日杯FSはクラシックにつながりにくく、短距離路線に繋がりやすいので同レースとはベクトルが違います。
桜花賞と同ステージ、同距離の阪神JFとの関係を考えれば、理屈には合ってます。
NFや社台はクラシック、古馬は更に少し距離が延びる古馬王道G1を狙ってるのですから、朝日杯FSよりG1となったホープフルステークスに力を入れるのは必然だと思います。

G1となった2017年より更にレベルが上がってると思うので、来年クラシックにつながる率は相当上がると思います。
そして、同時にぬるいレース質の過去とは違うので、過去傾向は変わってくるのだと思います。
特に前走有利なステップレースなどは多少ズレてくると思います。
※自分的には非根幹距離の1800mから延長の人気馬は不利だと思ってるので軸から消します(東スポ2歳のニシノデイジーに該当しますが。。)。

◆枠順からの考察(本題)
前週と同ステージの中山競馬場で有馬記念が行われました。
今の中山競馬場の馬場状態を知るうえで、有馬記念当日の状況を見てみます。
2018結果
1着 4-8 ブラストワンピース ⑥⑥⑦④ 上がり3F35.7(上がり4位)
2着 6-12 レイデオロ ⑨⑨⑨⑧ 上がり3F35.4(上がり1位)
3着 8-15 シュバルグラン ⑬⑪⑪⑪⑩ 上がり35.5(上がり2位)

末脚勝負の人気馬ですがレイデオロは外枠で僅差の2着。
3着の外枠不利で人気落としたシュバルグランは3着。
外枠の差し馬が台頭。


2017結果
1着 1-2 キタサンブラック ①①①① 上がり35.2(上がり7位)
2着 2-3 クイーンズリング ④⑤⑤③ 上がり35.1(上がり6位)
3着 5-10 シュバルグラン ⑧⑧⑧⑧ 上がり34.8(上がり4位)

この年は内枠有利、逃げ先行の内枠馬がワンツー。

これだけでも2017年は内枠、先行有利というのが分かりますが、その当日の枠順成績を見ます。

2018年
20181223中山芝 枠別成績
2017年
20171224中山芝 枠別成績

意外に8枠の成績は2017年も2018年も変わらず良いですね!
決定的に違うのが1枠、2枠の1着から3着までの成績が極端に違っています
2017年の1,2枠は2018年にくらべ全く走ってません。
逆に2018年は3枠、4枠、6枠が好成績です。
やはり2018年の方が内より外の方が良いみたいですね。

枠順だけでは早計だと思うので、次に脚質で見てみます。
2018年
20181223中山芝 脚質成績
2017年
20171223中山芝 脚質成績

さすがに内枠有利な中山競馬場だけあって、先行は良いですね。
しかし
先行の項目を細かく見ていくと2017年は1~3着の合計(棒グラフの長さ)は他の脚質を圧倒していて
2018年の先行1~3着合計は差し1~3着合計数に負けています。
2017年も同様に比較すると差しも良さそうに見えますが、3着が多いだけ。

つまり2017年は差し届かなかったケースが多く、2018年は差しが届く馬場だったのかと推察できます。

先ほどの枠別と照らし合わせると、2018年は外寄りの差し有利だったということです。
私の予想では
朝の動画の時点で内外フラットの可能性高く
末脚の決め手のあるレイデオロ、シュバルグランは有利とジャッジ。
そしてシュバルグランを2番軸にして馬券的中したわけですが。
※レイデオロは可能性高いがオッズとの兼ね合いで軸ではなくヒモに。
逆にシュバルグランは外枠で人気を落として9人気は美味しいので軸にした。

有馬記念 軸馬予想 レイデオロは買いか?それとも?

と、いうことをホープフルステークスの当てはめると
◆ホープフルステークス枠順
1-1 ニシノデイジー 勝浦 非NF
2-2 ブレイキングドーン 福永 非NF
3-3 キングリスティア 内田 非NF
4-4 ヒルノダカール 松田 非NF
4-5 サートゥルナーリア M.デムーロ NF
5-6 ハクサンタイヨウ 松田 非NF
5-7 ミッキーブラック O.マーフィー NF
6-8 アドマイヤジャスタ C.ルメール NF
6-9 ジャストアジゴロ 田辺 社台
7-10 マードレヴォイス 三浦 社台
7-11 ヴァンドギャルド C.デムーロ 社台
8-12 タニノドラマ 池添 非NF
8-13 コスモカレンドゥラ 戸崎 非社台

まだ脚質が安定してないので不明な点も多いですが
外枠の差しが優勢と見れば
7枠11番のヴァンドギャルドが良さそうに思えます。
来年のクラシックつながるとすればディープインパクト産駒は良いですよね。
それでもサートゥルナーリアはかなり強そうなので2番手以降ですかね?
それと
外差し優勢と今のところジャッジしてますが、別に内枠が全く来ないと言ってるわけでは無いです。
中山競馬場はコースのレイアウト的に先行有利なのは、先ほどのグラフが示す通り変わりないです。
距離ロスのない内枠先行は注意すべきです。
そうすると
キングリスティアも面白いと思います。

あとは当日の馬場状態は朝ではわかりませんが、レースまでに分析していきたいと思います。
日曜と変わらず分析通りの馬場になってくれれば楽なのですが・・。

今年最後になりますが
朝には軸馬公開動画
正午までにヒモ、穴馬のブログ公開
そのあと直前までに変更点あればTwitterにてつぶやきます
よろしくお願いします!

それでは!
SeeYou!







スポンサーリンク

コメント


管理者のみに表示

トラックバック