FC2ブログ

今年も荒れるのか?ターコイズS 見解と朝日杯FS枠順決定

みなさん、お疲れ様です。
カッツン。です。

朝日杯FSの枠順確定しましたね!
◆朝日杯FS枠順
1-1 クリノガウディー(牡2、藤岡佑介・藤沢則雄)
2-2 グランアレグリア(牝2、C.ルメール・藤沢和雄)
2-3 アスターペガサス(牡2、福永祐一・中竹和也)
3-4 ドゴール(牡2、津村明秀・黒岩陽一)
3-5 マイネルサーパス(牡2、丹内祐次・高木登)
4-6 アドマイヤマーズ(牡2、M.デムーロ・友道康夫)
4-7 ソルトイブキ(牡2、四位洋文・木原一良)
5-8 ディープダイバー(牡2、川田将雅・大久保龍志)
5-9 イッツクール(牡2、松田大作・武英智)
6-10 ヒラソール(牡2、岩田康誠・加用正)
6-11 ケイデンスコール(牡2、C.デムーロ・安田隆行)
7-12 コパノマーティン(牡2、坂井瑠星・村山明)
7-13 ニホンピロヘンソン(牡2、浜中俊・安達昭夫)
8-14 ファンタジスト(牡2、武豊・梅田智之)
8-15 エメラルファイト(牡2、W.ビュイック・相沢郁)


グランアレグリアは38年ぶりの牝馬Vにむけ2枠2番になりました。
楽しみですね!
朝日杯FSの展望はコチラを見てください。
展望 朝日FS 今年はマジなNF⁉︎

さて荒れる重賞ターコイズSの展望になります。
果たして今年は荒れるのか?
このレースは2015年に新設重賞となったレースです。
つまり過去3回しか行われておりません。

端的に言えば、DATA少ない。。。
なので荒れる重賞と定義づけるのは早計かと。。

それでは

過去なんで荒れたのか?
これもDATA少ないので仮設でしかありませんが、単順にレベルが低い。

G3なので、そりゃレベルはたいしたことないでしょ、と思われますが。
参戦する騎手レベルもそんなに高くない。

ちなみに過去3年ですが
2017年
1着横山典5人気
2着北村宏3人気
3着蛯名7人気
1流外人JはCデムとシュミノ。Cデムは1人気でした。ルメール、Mデムは参加なし。
日本人もそれなりの騎手。
2016年
1着ルメール1人気
2着岩田6人気
3着戸崎3人気
1流外人Jはルメールのみ。同じく日本人もリーディング上位そうな騎手きてるが、川田、武あたりは不在。
2015年
1着戸崎11人気
2着大野16人気
3着石川15人気
1流外国人は不在。日本人は戸崎はいるが、他リーディング上位そうな騎手はいない。川田、武あたりは不在。

つまり馬はもちろんあるが、騎手レベルが低いため荒れやすかった、とも言える。

ここからは持論ですが
1流騎手がいるとレース中の展開などまとまり易く、ある程度収まりきくカンジがします。
が、そうでもないと展開がバラバラで荒れやすい。
騎手のレベルがそうでもないと馬を想定通りに御せれないので、想定通りな展開にならないのだろう。

(なので収益を常に考える企業からすれば信頼置けるルメールあたりに騎乗が増えるのは至極当然)
だから過去のターコイズSは荒れやすかったのだろうと思います。

馬的な話を絡めると
ルメールなどの1流外国人騎手は参戦1度しかないが、16年の1人気マジックタイムだけ
ちなみに同馬はNF×サンデーレーシングの馬でルメール鞍上で1人気とくれば勝負掛かっていた、とも言える。
ある種、予定調和っぽく勝ったわけですが、他の年はその手の馬が来てませんからね。

あともう一つ言うと
このレースはハンデ戦ですが、53kgなどの軽ハンデが来てるんですよね。
これは参戦してくる馬が58kg背負うくらいの超強いの参戦がない
、という事もあるんですが
参戦馬も総じて弱い。
なので軽ハンデでもハマるか若しくは騎手レベルが高いと来てしまう

というわけで、荒れるメカニズムの自分なりの見解でした。。

それでは今年はどうかと言えば

NF&外人騎手参戦馬
フローレンスマジック NF ルメール NF天栄
プリモシーン NF ビュイック NF天栄
レッドオルガ NF Cデム NFしがらき

外人ではないけれどNF
リナーテ NF 三浦 NFしがらき
アンコールブリュ NF 藤岡康 NFしがらき

NFではないけれど強力そうな外人騎手
フロンティアクイーン マーフィー

NF系が外厩使って、しかも超一流ルメール,ビュイック使ってきました。。。

結論:
今年はカタイ!!

多分・・

最期に有力馬を見ていきます
フローレスマジック NF NF天栄
12/12 美浦南W 4F53.5-12.0 3頭併 併走
NF1番手の馬にはルメール乗る。という暗黙のルールなので素直に従うべきだと思う。
天栄使ってるので勝負掛かっている。
動きは当然ながら良い。

フロンティアクイーン
12/12 美浦坂路 52.8-12.8 2頭併 遅れる
去年同レース2着馬。
天才とうたわれるマーフィー騎手はどうなのだろう?
各国まわって実績を作ってきただけに、いきなり日本で活躍しても驚かない。
ただし、追い切りは併せ馬に遅れたが・・。

プリモシーン NF NF天栄
12/12 美浦南W 4F52.9-12.1 2頭併 力強く先
動きは一番よく見えた。
過去ずっと日本人騎手だったのでビュイックに替えてきて、しかも天栄使って来てるので勝ちに来てると思えなくもない。
重い印か・・

リナーテ NF 12/12 栗東坂路 52.5-12.0 単
外厩はしがらき。
騎手は三浦なのでそこまで勝ちに来てるって感じはしないが、追い切りは悪くない。
53kgというのも良い。

ミエノサクシード 12/12 栗東CW 6F83.5 5F66.2 4F50.5 1F11.6 単
NFではなく、騎手も川島。斤量も55kgなので協調材料薄いが、追い切りは良いように見えた。

こんなところですかね。。

それでは!

GoodLuck!
SeeYou!

朝日杯FS,ターコイズSなどの展望は動画にて。



スポンサーリンク

コメント


管理者のみに表示

トラックバック