FC2ブログ

2019年1月第3週実績と回顧 AJCC 東海S

みなさん
お疲れ様です。
カッツン。です。

先週から有料予想も始めました。
重賞以外の条件戦から開始しました。
軸馬、おまけに穴馬の提供です。
サイトの方でも記載していますが、ヒモ、買い目、金額も載せてますがあくまで参考です。
買い目を指示しているわけではないです。

これを元に単勝、複勝、または他の券種の軸にするとか使ってください。
詳細はサイト除いてもらえれば見れますが、参考目は無視して選択した軸として見てください。
サイトで参考買い目も勝手に回収率で計算されてしまうので、軸馬、穴馬だけの公開をコンセプトとしたものから逸脱してしまう印象を与えてしまうので。
今後、参考買い目でも実績上がるようにしなかった事が反省点です。


戦績は
6戦5レース的中
単2頭的中!複4頭的中
参考買い目はガミってるので偉そうな事言えませんが
このブログ開始からのコンセプト「軸がすべて」という観点ではマズマズ。

そして重賞
AJCC
予想
軸:フィエールマン 1人2着 複勝110円
穴:サクラアンプルール 4人5着


東海S
予想
軸1:チュウワウィザード 2人2着 複勝120円
軸2:インティ 1人1着 単150円 複110円
穴1:グレンツェント 5人10着
穴2:コスモカナディアン 6人4着
おまけ▲:スマハマ 4人3着 複180円

参考買い目:馬連◎1◎2 310円 ワイド◎1▲290円、◎2▲430円、◎1◎2 170円、3連複◎1◎2▲750円、3連単◎1◎2▲1610円。安いですが1着から4着まで選んだ5頭の中から出ました!

単勝回収率86% 複勝回収率113%(穴込み単回収率25% 複回収率55%)

安い配当だったので、単複の回収率ではマイナスでした。
こういうレースの時は
ここを軸として他の券種に手を伸ばしオッズを見ながら、購入点数や掛け金のバランスを考えていくのがベターです。
もしくは「見」にするか・・。
どっちにしろ
軸馬という概念での提供なので、そこから馬連、ワイド、3連系まで購入する軸と考えればかなり有望だったと思います。

◆回顧
AJCC
1着シャケトラ
2着フィエールマン
3着メートルダール


ここから春の古馬王道G1に続く年明け初戦の意味合いが強いレース。
なのでNFは強いレースであったが、1着~4着、6着がNFで占めた。
NFが見るからに勝たせたかった4歳馬フィエールマン、そして次点のジェネラーレウーノは2着4着。
平日展望動画でも言ったが、4歳馬の活躍はここ2年の話で斤量はALL55kg。
今年はフィエールマンとダンビュライトは57kg、ジェネラーレウーノ56kg。
懸念が当たってしまった。
しかも、明け4歳は全て強いという報道されているが
私の考えでは明け4歳で強いのは、ダート馬、牝馬はアーモンドアイだけで牡馬はA級馬はいるが全般的にフツウという認識です。
古馬王道G1は混戦そうですね。
まだ早計ですが。

1着シャケトラ
平日展望動画では軸候補に上げられていた馬。
私的にも、この馬は中山が合うので楽しみにしていたが、追切があまりよく映らなかった。
そして軸候補から脱落したわけだが・・。
インフルで倒れた戸崎騎手から代役の石橋脩騎手で変わったことが良かったのか?
ナイス騎乗なのは疑いもないところだが。
もしくは角居調教師復活の手向けなのか?
どちらにしろシャケトラは強かった。フィエールマンのルメールもちょっと判断ミスだった感じもするが。
シャケトラは中山の非根幹距離はかなり合いますね。
去年は有馬記念に出てきていれば面白かった、と思います。
ケガ復帰後の石橋脩騎手、角居調教師復活、1年以上の休養明けのシャケトラ復活など色々と重なった勝利でした。

2着フィエールマン
熱発明け、57kgを物ともせずアタマ差で2着はわりかし良かったと思う。
むしろ
ルメールがちょっと判断ミスしたのか?ちょっと追い出しが遅かった?
シャケトラはアッサリ抜けるとルメールは頭にあったのか?
そこがルメールの計算を狂わしたのだと思うが・・。
ただ、それはタラレバであって究極の高度な駆け引きなのでルメールは責められない。
・・と、思う。
ルメールは今年に入って明らかに乗れてないが・・(Mデムどころか北村友に勝率、連対率負けている)。
フィエールマンは不器用な感じが小回りより、東京とかの広いコースでしか一線級と対峙できない感じがします。
だけど、ルメールの使い分けもあるので、だいぶレース選定に迷うところ。そこが不幸。
最期に
自分はこのレースはタタキだから本気じゃない的な発言をしましたが、間違いでした。
陣営はどうやら、ドバイシーマクラシックを狙っているらしく、AJCCは負けられない1戦だったようです。
すませんでした。

3着メートルダール
この馬はまさかの1頭。
当日正午あたり、オッズの動きが異常な動きをしていて「まさか」と思っていたが3着。
予想の配信の後だけに修正できないので、来ないことを祈ってました。
マーフィーも人気薄でも捨てきれなくなってっ来てます。
この馬は前走の中日新聞杯で軸にした1頭で、何故か3人気5着に凡走。
それ以来、軽視してました。
しかし、末脚もしっかりしていて良く分からない馬ですね。

◆東海S
1着インティ
2着チュウワウィザード
3着スマハマ

1着インティ
強すぎる。見たまんまです。
ラップとか血統とかではなく、強い物は強いという具現化した馬。
それ以外に言う事はない。
ここからG1に行くのでしょうか?
今年の4歳ダート戦線はレベルが超高い。
こんな年が来るとは思いませんでした。

2着チュウワウィザード
3F35.8というナンバー1上がりで追ったが届かず。
前にいたインティが35.9の上がりである以上、届くわけないわけだが。
末脚は安定した速さなので、展開や馬場頼みではあるがチャンスはあると思うが・・。
今年は層が厚いのでG1勝利は厳しい?

3着スマハマ
インティに最後、ついていけなかったカンジだが。
最期、手綱を緩めたように見えるので見た目以上に負けてない。
長期休養明けなので無理をしなかったか。
がんばっても3着だったと思うので、馬に負担を掛けずに3着に徹した藤岡祐騎手は好判断だったと思う。
次走、どこに行くのか?
楽しみな1頭だと思う。

以上。

今週から重賞も有料予想にします。
しかし
平日の展望動画、前日動画、ブログは今まで通りとなりますので
替わらずご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

それでは!
SeeYou!







競馬予想 AJCC,東海S 軸、穴馬公開

みなさん。お疲れ様です。
カッツン。です。


昨日は重賞なかったですが、いかがお過ごしでしょうか?
こちらは昨日から有料予想始めました
結果はPCでしたら上の方に実績見れます。
スマホとかでしたら、プロフィールにURL着さしてありますので、サイトから入って確認してください。

重賞は来週くらいから有料化にしようと思います。
しかし、回顧などのブログ活動は今前通りです。
また、平日の展望動画、週末の前日動画も引き続き行っていきますので何卒、よろしくお願いいたします。

さて本日はAJCC東海Sが行われます。
無料予想は最後となりますので、よろしくお願いいたします。


AJCC
ここは巷の予想通りになるのは致し方ない。
フィエールマンは1番強いと思う。
問題はメイチでないタタキの1戦だということ。
フィエールマンより有利なファクター多いジェネラーレウーノも相手筆頭になり得る。
最終判断は?
◎は下記で。
穴も一緒に記載しておきます。

ちなみに穴の選定は迷ったが3着ならという意味で。
去年の夏場から一線級の相手と戦い、着順ではもちろん惨敗となるが、G2でレベルは一気に下がるなら悪くない。
年齢的にも不安だが追い切りも良く、中山得意なので。

AJCC


東海S
ここはインティが一本かぶり。
だが、1600万下勝ち上がった馬がG2制覇なるか?
たしかに強い。
しかし、1600万下とG2とはレベルが違う。
G3なら勝つと思うが、G2でどうか?
今年のメンバーはソコソコ強いと思う。
インティは体質弱いので、ここで勝っても体質的にフェブラリーS行けるのか?
ここで勝って賞金上乗せして次はフェブラリーS狙う馬を狙った方が良いと思うが。
◎は2軸で。
穴はオッズで面白いこの馬と内枠と外人が怖い馬の2軸で。
▲にスマハマか。

まとめて下記で確認お願いします。

東海S
 
投資競馬ランキング

有料予想重賞以外)こちらで。

カッツン。の軸、穴馬(重賞以外)

◆前日展望動画 AJCC 東海S







それでは!
GoodLuck!







有料予想始めました!

みなさん、お疲れ様です。
カッツンです。
有料予想を始めました!
お気楽に使ってみてください。

本日は
中山8R 京都12R 中京12Rの3レースです。
本日なら他に参考レースで京都11Rをアップしてます。
よろしくお願いいたします!

コチラ↓
カッツン。の軸馬、穴馬(有料)

今日は重賞ないのでこの辺で!
それでは!
GoodLuck!

競馬予想 AJCC2019 平日軸馬予想 NF骨肉の争い

お疲れ様です。
カッツン。です。

今週末はAJCCと東海SのG2が行われます。
東海Sはインティが1番人気になりそうですね。
圧倒的な強さで1600万下を勝ち上がってきた馬です。
超余裕で勝ち上がってきたので、1人気プラス武豊騎手ですからね。
人気になるのはしようがないですが、過剰人気かも。。
ただし
インティが飛ぶとしたら、その下はカオスです。自分的には。
私の予想では過去傾向から必要なDATAをピックアップして、今走のレースレベルとすり合わせ軸馬を決める手法です。
今年の東海Sは過去傾向からの法則がサッパリなんですよね。。
なので断腸の思いで動画はやりません。
ごめんなさいm(__)m
※当日、予想はブログにアップします。
ただし、気まぐれなのでやるかも・・ですが。
そのかわりAJCCはしっかりやりますのでよろしくお願いいたします。

AJCC
カッツン。流 過去傾向のポイント(過去5年)
①4歳実績
2018 1-1-0-1(上位2頭とも菊花賞5,6着)
2017 0-1-1-0(2着のゼーヴィントは菊花賞経験ないがセントライト記念2着、3着馬は菊花賞経験あり)
2016 0-0-0-1(凡走した馬は1人気でダービー2着馬だったが秋以降不調の早熟馬?)
2015 0-0-0-2(当レース5人気、10人気とレベルは低い)
2014 0-0-1-3(当レース1人気もいるが生涯重賞未勝利でレベルは低かった)
17年以降の参戦馬のレベルは上がっている。菊花賞経験馬。非根幹距離適性有り。
②NF実績
2018 1-1-0-2
2017 0-1-1-1
2016 0-0-0-1
2015 0-1-0-4
2014 0-0-1-1
Total 1-3-2-9
1着率6.7% 2着以内率26.6% 3着内率40%
③前走実績
③-1 過去のAJCC3着以内の馬の前走着順
G1 0-0-0-4
G2 0-1-2-0
G3 1-1-0-2(着外からの3着以内の年は14年の参戦馬のレベルが低い年と18年は1,2着の4歳以外はレベルが低いメンバーでのもの)
OPEN以下 2-1-0-1(着外からの3着以内馬は14年のレベルが低い年)
③-2 前走G1とG2 3着以内の参戦頭数(AJCCの成績)
前走G1(AJCCの成績) 
2018/4頭(0-1-0-3)  
2017/3頭(1-0-0-2)
2016/3頭(0-0-1-2)
2015/5頭(0-0-0-4)
2014/3頭(1-0-0-2)
※G1からのステップは多いがピンかパー。着順高い方が良い傾向だが、低い馬が飛び込んでくる場合もあり良くわからん。
前走G2 3着以内(AJCCの成績)
2018/0頭 
2017/0頭
2016/1頭(1-0-0-0) 
2015 /2頭(1-0-1-0)
2014/0頭
※全て馬券になっている
④斤量
④-1 過去のAJCC3着以内馬の斤量別着順
58kg 0-0-0
57kg  2-0-1(ALL6歳以上)
56kg  2-4-1(1着は5歳1、6歳1、2着は4歳1、7歳2、6歳1、3着は8歳1)
55kg  1-1-2(ALL4歳)
54kg  0-0-0
53kg以下  0-0-0
56kg以上の好走馬は高齢が多い?4歳は55kgに集中

④-2 年別57kg以上斤量実績(色分けは5人気以内。赤は着順下げ、青は着順上げ)
2018 ゴールドアクター57.0kg 3人11着
2017 クラリティスカイ 57kg 8人10着/ワンアンドオンリー57kg6人5着
2016 ディサイファ 57kg 2人1着
2015 ゴールドシップ57kg 1人7着/マイネルメダリスト57kg 15人14着/エアソミュール57kg2人3着/フェイムゲーム57kg 3人12着
2014 ダノンバラード57kg 4人気12着/ヴェルデグリーン57kg 2人1着/サダムパテック57kg 3人11着
57kg以上の活躍馬は少ない?57kgでも2人気以内なら信頼できる?

競馬場、非根幹距離適性
2018年1着ダンビュライト オールカマー3着、2着ミッキースワロー セントライト記念1着
2017年1着タンタアレグレラ オールカマー3着、2着ゼーヴィント セントライト記念2着、3着ミライヘノツバサ 日経賞2着
2016年 2着スーパームーン アルゼンチン共和国杯3着
2015年 1着クリールカイザー オールカマー3着 アルゼンチン共和国杯2着、2着ミトラ オールカマー3着
2014年 1着ヴェルデグリーン オールカマー1着、フェイムゲーム アルゼンチン共和国杯1着
中山2200mのセントライト記念、オールカマーなど、2500mから長距離適性(菊花賞も)も高い傾向

ざっくりと好走のPOINTまとめ
①前走
G1参戦馬は凡走でもOK
G2参戦馬は前走3着以内
G3参戦馬は前走2着以内がベター
OPEN以下は1着必須
②斤量
57kg以上は軽視だが2人気なら候補
③4歳馬の取り捨て
2人気以内なら候補
④NFの取り捨て
6頭出走で外厩仕上げ5頭出走。3人気までNFで占める。
今年は軸でしょうがないか?
⑤距離経験
2200、2500などの非根幹距離の好走馬。菊花賞や長距離馬も候補

現段階の軸候補馬
1人気 フィエールマン 4歳 57kg ルメール NF天栄 57kgがネック?
2人気 ジェネラルーノ 4歳 56kg 田辺 NF天栄 
56kgだし1番有望?
3人気 ダンビュライト 5歳 57kg 北村友 NFしがらき 
去年1着馬。リピート多そうな重賞だが?
4人気 シャケトラ 6歳 56kg 戸崎 NFしがらき 
中山非根幹距離は得意のはず
5人気 ショウナンバッハ 8歳 56kg 三浦 
高齢馬で買いづらいが、前走G3上位 3着なら
6人気 ステルインシアトル 8歳 56kg 内田 NFしがらき
 高齢馬で買いづらいが、前走G3上位 3着なら
※全て人気は予想人気

平日段階ではコレか?

つづき
 
投資競馬ランキング


◆平日展望 AJCC動画




それでは!
SeeYou!






2019年1月第2週実績と回顧 フェアリーS 日経新春杯 京成杯

みなさん
お疲れ様です。
カッツン。です。

3日間競馬どうでしたか?
私は複勝、穴で複勝とれましたが、単勝全くとれませんでした。。
実績は下記見ていただければと思いますが
単複の掛け方ですと単で儲けナシ、複だけだと軸だけだとマイナス、穴を入れてプラス。
的中数で言えば、穴を抜けて3戦2勝、穴は3戦2勝でした。
回収率を見れば見るべき所は無いですが
軸馬という概念での提供なので、そこから馬連、ワイド、3連系まで購入する軸と考えればかなり有望だったと思います。

◆1/12実績
フェアリーS
軸1アクアミラビス  1人5着
軸2グレイスアン  5人3着 複290円
穴エフティイーリス  12人9着
単勝回収率0% 複勝回収率145%(穴込み単回収率0% 複回収率97%)
◆1/13実績
日経新春杯
軸ムイトオブリガード 2人5着
穴シュペルミエール  3人3着 複190円
単勝回収率0% 複勝回収率190%(穴込み単回収率0% 複回収率95%)
※次点の穴馬Lワイス5人2着、ノーブルマーズ11人4着
◆1/14実績
京成杯
軸1ダノンラスター 3人12着
軸2 ランフォザローゼス 2人2着 複150円
穴ヒンドゥタイムズ  7人3着 複440円
単勝回収率0% 複勝回収率75%(穴込み単回収率0% 複回収率197%)
◆2019/1月第2週実績
単勝回収率96% 複勝回収率82%(穴馬込み 単勝59% 複勝85%)
今年から
ブログ題名にもあるように、軸馬を当てる事に主眼を置いてあります。
なので軸、穴馬だけを推奨するブログになっております。
回収率に関しては、単勝はどれか当たってもプラスになるように点数も考えてあります。
※穴は控えても良いレベルで基本は軸馬です。穴馬は馬連やワイド、3連系のヒモの1つとして捉えて下さい。単複はおまかせします。


◆回顧
フェアリーS
1着フィリアプーラ
2着ホウオウカトリーヌ
3着グレイスアン

今年も中心馬がいない難解G3だった。
狙いとしては1600m同距離からのステップの馬で過去10年圧倒的な実績。
思った通りに1着、3着だった。

1着フィリアプーラ。
丸山騎手は最内で不利な枠順から上手く外に出て不利なく突き抜けた。
馬も強かったが、好騎乗もハマった。
NFの馬が来るとわ。
NF来ない前提に予想は組んだ私は、この時点で外れ。

2着は1200mからのステップのホウオウカトリーヌ。
過去傾向は1200mからのステップは3着までが最高順位。
追い切りも良く、連に絡む可能性もあったが私の予想からは外した。
レースではかなり強い内容。1600mまでは守備範囲だという事を証明した。
しかし、不利な位置から外に回し差し勝ったフィリアプーラの方が強い競馬だった。

3着は私の軸だったグレイスラン
NFと相性の悪いフェアリーSなので、私の予想でNFで唯一選んだ馬。
単純に外枠で戸崎騎手だったからだが、全体的にレベルはそんなに高くないと思えた。

クラシックに結びつかないレースには縁遠いNFだが、今年は違う気がした。
思えば、去年の朝日FSも同じくクラシックに縁遠いG1だがNFが1着だった。
なんとなく今年のNFは違う。
最期に
1人気で私の軸1番手アクアミラビスは上がり3F35.2の脚しか使えなかった。
坂が堪えたのだろうか?
Mデムの手も止まっていたように思うが?気のせいか?

日経新春杯
1着グローリーヴェイス
2着ルックトゥワイス
3着シュペルミール


1着グローリーヴェイス
内枠で不利だろうと思っていたが、最後の直線で前が上手く空いた。
こうなれば距離ロスがないこの馬は1番有利。
去年の菊花賞も不利なく回ってきたこの馬。
運がイイ。
もちろん強い馬だが。
春天に勝負になるかは、まだわからないと思う。
実際、まだ余力残っている走り方だったけど。

2着ルックトゥワイス
ほぼ最後尾から末脚にかけた戦略がハマった。
2人気で私が軸にしたムイトオブリガードと実力的にそんな差はない、と思っていたのでフロックではないと思う。
いちおう穴推奨まで届かなかったが、次点ではあった。

3着シュペルミール
足元の不安から追切が強くかけられない馬だが、それなりの強さは示した。
当初、3人気ではなく5人気くらいだったので、これなら美味しいと思ったが最終的に3人気。
なんだかなぁ。
重い京都で上3F37.1は位置取りで何とか3着だったカンジ。
軽い馬場ぼ方が合うのか?

軸にしたムイトオブリガードは6着でした。
下を意識していたのか馬が集中して走ってなかったように思う。
想定では外枠だったので大外からぶん回して差してくるだろうと思ったが、まさかのインに入れての競馬
グローリーヴェイスと人気を2分していたが、内のグローリーフェイスが内から中々出てこれないのを尻目に外から差してくる事を予想していたが・・・結果論では外から差していたルックトゥワイス、ノーブルマーズが当たっていた。
グローリーヴェイズとムイトオブリガードの一騎打ちの中、グローリーヴェイスをマークせざるおう得ない川田騎手には致し方ない騎乗か。

京成杯
1着ラストドラフト
2着ランフォザローゼス
3着ヒンドゥタイムズ


1着ラストドラフト
ほぼ逃げに近い先行から押し切ったわけだが、ルメール騎手が上手い。
ランフォザローゼスの方に分がありそうだが、マーフィ騎手とはキャリア年数が違うカンジがした。
4コーナーで外に膨らんだ同位置ランフォに対し、膨らまず末脚をためた騎乗は脱帽。
馬だったら恐らくランフォザローゼスの方が上のように思えたが、ルメールだから勝てた?

2着ランフォザローゼス
馬は強い、マーフィ騎手ももっと落ち着いてコントロールできたら勝てたレースだと思う。
2着によく粘った。

3着ヒンドゥタイムズ
7人気の穴馬で私の穴推奨馬。
新馬線勝ち上がってきた馬だが、NFしがらきでの外厩仕上げ、しかも追い切り時点でかなり良い内容だった。
しかし、中谷騎手起用なのでNF的にもまだそこまで・・と思っていた。
騎手も騎手なので人気を下げると思い穴推奨にしたが、あと少しで2着の3着。
正直、レベルはそんなに高いレースではないので、次のレースまで見てみないと。騎手も替わるだろうし。

1人気シークレットランは4コーナー手前から内田騎手は押しまくっていた。
他と比べ顕著で、あれでは最後伸びないか。。
本調子ではなかったのか、馬の力量ではないのか次レースで判明するか。
残念だけど次はルメールあたりかな?

以上。

今週はAJCC、東海SのG2が行われます。
展望はAJCCは水、東海Sは木の予定です。
両方とも日曜に行われるので金曜の前日展望の動画はありません。
土曜の前日展望動画はAJCCのみを配信します。
東海Sは当日の予想のみをブログでアップします。

それでは!
SeeYou!